Main >  > 
Page: 1/690   >>
外を歩けば
まだまだ話題の犬ヽ(^o^)丿
あさっては父とサッカーを観る予定なので、昼は読書に費やしました。
外を歩けば、命に関わる病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)に感染してしまう怖れがあります。
人はマスクをしたり、帰宅したら手を洗ったり、うがいをしたりして病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)を予防します。

犬の場合は、病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)をワクチンで予防する方法しかありません。
犬のワクチンの値段は安くはありませんから、医者が金儲けをするために必要だといった方もいますが、そんなことは無いといえます。

病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)なっても犬は「痛い」とか「苦しい」とか言葉で訴えることはできないのです。


必ずワクチンの知識をつけて、うけさせるようにしましょう。
大切な犬を守れるのは飼い主だけです。



とはいえ、溺愛することは好ましくありません。


可愛がるだけでなく、飼い主との優先順位をしっかりと躾けましょう。


特に初めて犬を飼う方は、不安でいっぱいだと思います。



子育てと同じように、いっしょに成長していくつもりで愛情をかけてあげましょう。

歯の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)は特に犬に一番多い病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)といわれています。




虫歯が歯の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)の代表的なものですが、犬は虫歯にはなりにくいのだそうです。


気をつけなくてはならないのは、歯周病や歯茎の炎症による感染症です。



犬の歯の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)は、歯磨きで未然に防ぐ事が出来ます。
しかし、歯磨きをしたくても嫌がる犬も多いですね。




大切なしつけのポイントは、犬に恐怖心を植え付けないことです。
歯磨きは犬にとって嫌なことではないようにしつけることが大事です。
口を開けさせるのさえ、最初のうちは難しいかもしれません。

ゆっくりと時間をかけて、習慣になるようにがんばりましょう。



犬と人間は、寿命がちがいます。

犬は人間よりも早く死んでしまいます。


少しでも長くいっしょにいる時間を増やせるように、できれば去勢はした方がいいですよ。




去勢のデメリットとしては、コドモを創れなくなることくらいです。


決心が付かない方は獣医さんに相談してみて下さい。

最後に決断するのは飼い主です。


どちらを選んでも後悔のないように、納得がいくまで考え、自分にまあまあ愛犬にまあまあベストな選択をして頂戴。

犬の鳴き声がトラブルの元となることが多いですね。


犬は吠えるものです。




自分の犬に悲しい思いをさせないように、鳴き声には細心の注意を払うようにして頂戴。

人が窓から見えると吠えてしまう犬の場合は、カーテンを閉めて見えないようにするなど工夫して頂戴。
その時、犬を立たいたり怒鳴ったりしてしつけをすることは絶対に辞めましょう。

犬といった動物は、自分のテリトリーをとても大切にします。
ですから、犬を怒鳴ることは犬のプライドを傷つけてしまうことになります。
客が敵ではないことを教えることが大事です。


ユウジンに頼んで、犬にお菓子をあげてもらうのも一つの方法です。

サプリメントは無理に与えないようにしましょう。




もちろん、高齢の犬や病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)の犬には必要ですね。




ところが、サプリメントを与えることで、体のバランスを崩し、病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)になってしまう場合もあるみたいです。
特に、カルシウム(出血を止めたりする働きなどもあり、生命活動の維持のためにも必要不可欠な栄養素です)の過剰摂取は危険です。


内臓でも、骨同様同じことが言えます。




子犬はしつけがしやすいです。


なぜなら、子犬の方が飼い主と家族であるといった認識が強くなるからです。
これまでの環境の変化や、新しい飼い主との関係性になじむのに時間がかかる場合もあるのです。



年齢が高いほど、かんきょうの変化に適応しづらいのは、人も犬も同じです。
とはいえ、どんな犬でも正しくしつけすればいい子になります。
ワクチンは必要ないといった方も増えているようですね。
室内犬を飼っている場合は、ワクチンは必要ないといった方もいるようです。
ワクチンをうけ立としても病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)になる可能性はあります。




予防を怠ったことで、病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)にかかるとしたら悲しいですよね。


愛犬が病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)で苦しむのは悲しいですね。




そのための予防接種です。
犬の体調が心配な場合は、自分で判断しないで、かかりつけの獣医に相談することが必要です。
大切な犬を自分の判断で病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)にしてしまたら大変です。


愛犬に必要なサプリメントもあるため、サプリメントをよく知ったうえで上手く利用することが大切ですね。
ブラッシングも必要ですね。




その理由は皮膚病の予防になるからです。
犬の皮膚にフケやノミ、ダニを付けたままにして放置していたら、炎症を起こしてしまいます。
炎症を防ぐために、ブラッシングをしてそれらを落としましょう。
是非、スキンシップのひとつとしてブラッシングをしてみて頂戴。
飼い主い褒められることを犬はとても喜びますからね。
犬を「やしなう」とはどういうことか考えてみましょう。


やしなうには当然お金が必要になります。



犬のごはん(ドックフード)の値段は、それほど高額ではありませんからす。


犬が病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)になってしまった場合、人間のように公的な保険は適用されませんので医療費は高額になってしまいます。




そう言う時のために、ペット保険もあるのですね。




それに、予防接種をうけさせたり、トリミングをしたりとやらなくてはいけないことがたくさんあります。
もちろん犬と人間は違う生き物です。
会話ができないので、伝えたいことが伝わらなかったり、犬の気持違わからなくなってしまうことも少なくないでしょう。




愛犬は家族といった方も多いですね。
避妊手術や去勢手術は、犬にコドモを産ませる予定がない場合は行なう方が良いと思います。
もちろん、可愛そうだとは思いますね。




健康な犬にメスを入れて、動物としての本能を奪うのですから、躊躇する気持ちはよくわかります。
けれど、ホルモンの病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)の発症が多いのも事実です。


メスは当然、生理があります。

オスは発情期にはストレスが溜まってしまいます。

無駄吠えに困ることがありますね。
なぜ吠えるのかでしょうか?・自分の感情を伝えたい。
・来客に対する威圧。


犬はさびしいときには、かまってほしい感情を伝えたいために、吠えて飼い主の気を引こうとします。



その時には、怒るのは良くありません。

徹底的に無視しましょう。
夢中になれるおもちゃやお菓子は、留守中に吠えてしまう犬には効果的です。

それから、テレビをつけておいたり、音楽をかけておくのも効果的です。




家族が留守の時吠えるのは、犬が淋しいわけです。
大家族の場合は、特に普段の賑やかさとのギャップで寂しさが増してしまいます。

しかし、あそばない時間は時間を決めて、無視して頂戴。


ちょっと遊んでは放置を繰り返すと、犬が混乱してしまいます。

「犬は吠えるもの」ですが、しつけは必要なので、諦めずにがんばって頂戴。


カラコン ハロウィン仮装 コスチューム
サーカス  ハロウィン仮装 コスチューム
手袋 ハロウィン仮装 コスチューム

| tenkomori9 | 10:05 | - | - | pookmark |
犬の歯磨きやブラッシングは必要でしょうか?
犬がちょっと気になっています。
おはようございます。弟とテレビを見ています。あっという間に一日が美味しい料理を食べました。
犬の歯磨きやブラッシングは必要でしょうか?歯の病気は特に犬には多い病気といわれています。
歯の病気は虫歯だけではないのです。


犬は虫歯になりにくいのです。



犬の歯の病気で気を付けなければならないのは、歯周病や歯茎の炎症による感染症なのです。
愛犬を歯の病気から守ることは、飼い主が出来ることの一つです。



愛犬のために歯磨きをしてやりたくても、嫌がられる場合も多いです。

それで、飼い主が愛犬を上手くしつけなければなりません。

歯磨きのしつけに大切なことは、恐怖心を持たせないことです。
犬に歯磨きは怖くないし、嫌なことではないことを教えてあげましょう。

初めのうちは口を開けるさえ、怖がって嫌がることのあります。
しかし、忍耐強く歯磨きの習慣を付け指せていきましょう。
長い時間をかけて、ゆっくり慣れ指せてちょーだい。




飼うなら子犬の方がしつけやすいです。



家族としての認識は、子犬の方が強くなるからです。
成犬の方が知能が高く賢いのですが、逆に戸惑いも大きくなってしまいます。


環境の変化や飼い主との優先順位の変化など、成犬にとっては戸惑うことが多いのです。


年齢が高いほど、かんきょうの変化に適応しづらいのは、人も犬も同じです。

とはいえ、環境の大幅な変化は戸惑いや不安を与えます。
成犬でも子犬でも「正しいしつけ方」で、立派な愛犬に育ちます。

記憶(歌の歌詞にもよく登場しますが、あまり捉われていると今が疎かになってしまいがちです)力は当然、成犬の方が良いので、しつけを反復する回数は少ない場合もあります。
犬を飼う場合、年齢に関わらず愛情深く接することが大切です。
外に出れば、病気に感染するリスクは大きくなります。


外から帰ったら、人なら手を洗ったり、ウガイをしたりします。
しかし、犬が病気を予防する方法はワクチンしかないのです。
ワクチンの値段は高額だから、獣医が金儲けをするためだと言い所以する方もいますが、本当に沿うでしょうか?ワクチン接種は必要だから行なわれています。


病気なっても犬は「痛い」とか「苦しい」とか言葉で訴えることはできないのです。
病気が進行して、飼い主が犬の異変に気付いた時にはもう手遅れかも知れません。
どうか、ワクチンの正しい知識を付けて摂取指せてちょーだい。
大切な犬を守れるのは飼い主だけです。

ワクチンの接種は必要です。
ワクチン接種の目的は、病気の予防です。

このごろは、ワクチンは悪であるという方が増えているように感じます。


中でも、室内で犬を飼っている人にはワクチンは不必要だという方が多いようです。
しかし、ワクチンは接種しなくても良いのでしょうか?持ちろん、ワクチンを接種したとしても病気にかかることはあります。


けれど、病気の予防をしなかったままで、病気になってしまったとしたらどうでしょうか?愛犬が予防接種をうけなかったことによって、病気で苦しむ姿を見たいという人はいませんよね。

サプリメントは無理に与えないようにしましょう。

といっても、病気の犬や高齢の犬には必要な場合があります。

サプリメントは一般的に健康でげんきな犬には必要のないものです。




現在は色々な種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)の犬用サプリメントが販売されているので、栄養を考えて与えてしまう人も多いようです。

サプリメントをあたえることで、健康だった犬の体のバランスを崩して、病気にしてしまうこともあるでしょう。

特に、カルシウムの過剰摂取は危険です。


犬の骨に異常が出てしまう場合があります。


骨の病気は一度罹ってしまうと完治しないため、取り返しがつかなくなってしまいます。


サプリメントの過剰摂取は内臓でも同じです。


犬の皮膚病を予防するために、ブラッシングも行いましょう。
ノミやダニ、そしてフケが皮膚に着いたままにしていると、炎症を起こしやすくなってしまいます。


炎症を防ぐために、ブラッシングをしてそれらを落としましょう。


ブラッシングもあそびの一環として行うと、嫌がらずに楽に行なえます。
ブラッシングも上手く出来たら、いっぱい褒めてあげましょう。




愛犬をいっぱい褒めて喜ばせてあげてちょーだいね。
犬の飼い主としての心構えは、大きく3つあります。

・育てる。

・やしなう。

・家族になる。
これらの三つです。
まず、育てるということですが、ご飯をあげたり可愛がりたい時だけ可愛がるようではいけません。




散歩指せて適度な運動を指せたり、他人に迷惑をかけないよう犬を躾けることも大切です。




犬の健康状態を管理する事も忘れてはいけません。




犬を育てるというのは、言葉でいうと簡単なようですが大変なこともたくさんあることを知らなければなりませんね。

犬と人間は、寿命がちがいます。


犬は人間よりも早く死んでしまいます。


大切な愛犬の死をみとる時が何時か訪れます。
共にいる時間をわずかでも増やせるように、なるべく去勢をした方がいいと思います。
去勢のデメリットとしては、おこちゃまをつくれなくなることくらいです。




決心が付かない方は獣医さんに相談してみましょう。
最終的に決めるのは飼い主です。


去勢や避妊をするか、ベストな道を納得がいくまで考えて決めることです。



ドックフードでも十分に栄養を取ることができているんです。

どうしても犬の体が心配だという方は、自分で判断せず、かかりつけの獣医に相談しましょう。


犬種やおおきさによって、それぞれ必要な栄養は違ってきます。


きちんと処方されたサプリメントを与えるようにしましょう。
愛犬を自分の誤った判断で病気にしてしまいたくはありませんね。
だからと言って、サプリメントを「悪」と考えることは間ちがいです。

愛犬には、どんなサプリメントが必要なのかをよく知った上で利用することが重要です。



来客が来ると威嚇する犬について考えましょう。

そんな時、怒鳴ったり叩いたりして、しつけをする方もいるでしょう。
でも、それは絶対にしてはいけません。

自分のテリトリーと大切にするのが犬です。


本能で吠えるわけではありますが、つまりは飼い主を必死で守ろうとしているのです。

沿ういう場合に怒鳴ったり叩いたりすると、犬のプライドを傷つけることです。



この場合には、チャイムの音、来客に慣らしてちょーだい。
来客の際には玄関に共に行き、「敵ではない」と犬に教えましょう。


たとえば、来客が友好的であることをわからせるために、おやつをあげてもらうのも効果的です。



犬のしつけをすることは、近所とのトラブルを避けるためにも大切です。

一番多いトラブルは、やはり鳴き声でしょう。
犬が吠えるのは当然です。
愛犬といえども、全く関係ない他人にとっては犬の鳴き声は迷惑なものです。


自分の犬の鳴き声ですから、細心の注意を払いましょう。
人が窓から見えると吠えてしまう犬の場合は、カーテンを閉めて見えないようにするなど工夫してちょーだい。
留守中、犬が吠える場合は、夢中になれるお持ちゃやおやつを用意しましょう。
テレビをつけっぱなしにしておいたりするのも効果があります。
犬が留守中に吠えるのは、さびしがり屋の場合が多いようです。




犬の寂しさは、家族が多ければ多いほど、普段とのギャップが大きくなってしまいますね。


遊んであげられるときは、いっぱい遊んであげてちょーだいね。

犬とあそべない時間は無視しましょう。




少しかまっては無視していると、犬も混乱してしまいますよ。
かまう時間を決めることで、犬にも時間のメリハリが出来るでしょう。


短期で犬を躾けることはできませんね。

愛犬のためにも「吠えるのは仕方ない」と開き直らず、共に頑張ってちょーだいね。


犬の無駄吠えには2つの理由があります。




・自分の感情を伝えたい。


・来客に対する威圧。


これら2つです。
淋しかったり、かまって欲しかったりしたとき、犬は吠えて飼い主の気を引こうとします。

そんな時は徹底的に無視します。

怒るのは逆効果です。


可愛沿うに思ってかまうよりも、しつけと思ってぐっと我慢しましょう。
吠えることで飼い主の注意を引けないと犬に認識指せることが必要です。
では、「やしなう」と言う事はどういうことでしょう?当然ですが、やしなう=お金がかかります。
ドックフードそのものは、それほどお金がかかるというわけではないのです。



犬が病気になってしまった場合、人間のように公的な保険は適用されませんので医療費は高額になってしまいます。
いざという時の病気に備えて、ペット保険に加入する事も考慮してみてちょーだい。
また、病気の予防にワクチンを接種指せたり、トリミングしたりとやることはたくさんあります。

沿ういう点から、経済的に余裕がないなら、犬を飼うのはあきらめた方が良いかも知れません。


最後に、人間ではない犬と家族になるということについて考えてみましょう。




人と人のように言葉で思いを伝えることはできません。


赤ちゃんを育てるように愛情を持って接することが大切です。



愛情を持って育ててあげれば、犬は大切な家族の一員となりますよ。



犬を飼う場合、溺愛することは良くないことです。
可愛がることも必要ですが、飼い主が上であるという優先順位を理解指せるようにしつけることが重要です。



初めて犬を飼おうとする場合、わからないことも多いでしょう。


初めての場合は犬も不安な気持ちでいますから、愛情をかけていっしょに成長していきましょう。



子犬の方がしつけやすいのは事実ですが、成犬だからといって手遅れというわけではないのですので、安心してちょーだい。



女神  ハロウィン仮装 コスチューム
レースクィーン  ハロウィン仮装 コスチューム
ウォーリーを探せ ハロウィン仮装 コスチューム

| tenkomori9 | 02:16 | - | - | pookmark |
夢中になれるおもちゃやオヤツ
雑誌で話題の犬を知っていますか?
映画館で映画を観ることが少なくなりましたが、やっぱり臨場感が違いますね。
夢中になれるおもちゃやオヤツは、留守中に吠えてしまう犬には効果的です。
淋しがり屋の犬は、留守中吠えてしまう場合が多いようです。

家族が多い場合は、普段と留守とのギャップが大聴くて、よりさびしくなってしまいます。


犬と遊べない時間は無視しましょう。
あそぶ時間をメリハリをつけることで、犬に遊べる時間と貰えない時間をおぼえ指せるのです。

しつけはすぐには効果が出ません。
「犬は吠えるもの」ですが、しつけは必要なので、諦めずに頑張って下さい。




犬のワクチンの接種は必要でしょうか?ワクチンとは病気を予防するためのものですね。


「ワクチンは悪」という人がいますが、本当でしょうか?中でも、室内で犬を飼っている人にはワクチンは不必要だという方が多いようです。


犬にワクチンを接種する必要はないのでしょうか?ワクチンを接種しても病気にかかる可能性はゼロではありません。
予防を怠ったことで、病気にかかるとしたら悲しいですよね。

愛犬との別れはとても悲しいものですね。
出来るだけ長生き指せようと思うならば、去勢した方がいいと思います。
去勢のデメリットはコドモを創れなくなること以外にはほとんどありません。
どうしても迷ってしまう場合には獣医に相談するとよいと思います。




納得するまで考えて、後悔の内容にして下さい。
あなた自身に結構愛犬に結構最良の道を選んで下さいね。
犬を初めて飼う方には、不安なこともたくさんおありでしょう。
子育てと同じように、一緒に成長していくつもりで愛情をかけてあげましょう。

では、「やしなう」ということはどういうことでしょう?ドックフードの値段は、さほどかかりません。
けれど、犬の病気には保険が適用されないので、医療費は高くつきます。
沿う言う時の為に、ペット保険もありますね。
その他には、予防接種を受け指せたり、トリミングなどを行ったり費用が掛かることはたくさんあります。


経済的負担を考えて、犬を飼うかどうか決める必要があります。

最後に、家族になるということですが、犬と人間は違う生き物です。

愛情を持って育ててあげれば、犬は大事な家族の一員となるでしょう。
ドックフードを与えていれば、犬に必要な栄養は十分取ることができます。


犬の体調が心配な場合は、自分で判断しないで、かかりつけの獣医に相談することが必要です。
愛犬を自分の誤った判断で病気にしてしまいたくはありませんね。




愛犬にとって必要なサプリメントと不必要なサプリメントを知って、うまく付き合っていきましょう。
近所とのトラブルを避けるためにも、犬はちゃんとしつけることが大事です。
犬のトラブルで一番多いのは、やはり吠えることです。



といっても、犬は吠える動物です。

沿うはいっても、他人にとって犬の鳴き声は騒音そのものです。
ですから、犬の鳴き声に十分注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)する必要があります。
人が窓から見えると吠えてしまう犬の場合は、カーテンを閉めて見えないようにするなど工夫して下さい。
皮膚病の予防にはブラッシングが効果的です。
犬の皮膚にフケやノミ、ダニを付けたままにして放置していると、炎症を起こしてしまいます。
フケ、ノミ、ダニをブラッシングして落とすことで、炎症を防ぎましょう。

犬がブラッシングを嫌がるようならば、あそびながら行こうと楽しくできますよ。
是非、スキンシップの一つとしてブラッシングをしてみて下さい。

犬は大好きな飼い主に褒められることが何よりも嬉しいのです。

各種の犬用サプリメントが発売されていますが、無理に与えるのは禁物です。
高齢や病気で体調を崩している犬には必要な場合があります。
しかし、健康的な一般の犬には必要ありません。
しかし、サプリメントを与えてしまうと、かえって体のバランスが崩れ、病気になってしまう場合があります。

骨に異常が出てしまう場合があります。
骨の病気は一度罹ってしまうと完治しないため、取り返しがつかなくなってしまいます。



骨だけでなく、内臓も同じことが言えます。
犬にコドモを造る予定がない場合、避妊手術や去勢手術をおこなうことをお勧めします。
確かに、犬にメスを入れることにもなるのでかわい沿うな気がします。


健康な犬にメスを入れて、動物としての本能を奪うのですから、躊躇する気持ちはよくわかります。
けれども、犬はホルモンの病気にかかることが多いのです。
ストレスが無くなることで、犬も長生きするようになった場合にはいわれています。




また、去勢することで落ち着きやすくなり、しつけがしやすくなるでしょう。



次に、来客に対する威圧についてですが、とても多いのがチャイムが鳴ると吠えてしまうというケースです。
犬を叩いたり怒鳴ったりのようなしつけは逆効果です。



ですから、飼い主を守ろうと必死で威嚇しているのです。
沿ういう場合に怒鳴ったり叩いたりすると、犬のプライドを傷つけることです。

子犬はしつけがしやすいです。
その理由は、家族としての認識が強くなるからです。



成犬の方が知能が高く賢いのですが、逆に戸惑いも大聴くなってしまいます。




環境の変化や飼い主との優先順位の変化など、成犬にとっては戸惑うことが多いのです。
年齢が低いほど環境の変化に適応しやすいですね。


とはいえ、環境の大幅な変化は戸惑いや不安を与えます。
犬の年齢にかかわらず、犬は愛情を持って飼ってあげて下さいね。
・家族になる。
一番に育てるということですね。


しかし、ただエサを与えたり、好きな時だけ可愛がるようではダメです。
他人の迷惑にならないようにしつけたり、適度な運動を指せることも大事です。




愛犬が病気にならないように気を付けることも必要です。
外を散歩すれば、病気に感染してしまうリスクがあります。


ワクチンは必要だから存在しているし、需要もあるのです。

犬には言葉で表現する事ができません。


犬の異変に飼い主が気づいた時には、手遅れの場合だってあります。

飼い主のあなただけが、愛犬を守ってあげられるのです。


犬は虫歯になりにくいのです。



犬の歯の病気は、歯磨きで未然に防ぐことができます。



けれど、犬の多くは歯磨きが嫌いですね。


愛犬に歯磨きすることは嫌なことではないと教えることが大事です。


始めのうちは口を開けるさえ、怖がって嫌がることのあります。
頑張って回数を重ねて、歯磨きの習慣を付けましょう。


焦らず、ゆっくりと慣れ指せてあげて下さいね。


デビル ハロウィン仮装 コスチューム
ドクター  ハロウィン仮装 コスチューム
コスランジェリー  ハロウィン仮装 コスチューム

| tenkomori9 | 14:04 | - | - | pookmark |

お気に入りに追加

人気商品ランキング

   

Entry

Archives

Category

     

タグ・ランキング

  • seo
  • reachWORD

ブログランキング
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
ブログ−(ブログランキング)
ブログランキング【くつろぐ】
楽天ウェブサービスセンター

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links

QLOOKアクセス解析